美容外科の脂肪注入とは

美容外科の脂肪注入法は、自分のお腹や太ももから脂肪を採取して、気になる凹みに脂肪を注入して、ハリを取り戻す治療方法です。

エキサイトニュースの知識が一目瞭然です。

自分の脂肪を使うため、プロテーゼなどの人工物を埋め込まなくて良いというメリットがあります。

異物を挿入するというのは不安という人でも、自分の脂肪の一部を移動させる方法なので、拒絶反応が起こりにくいというメリットがあります。
この方法は自身の脂肪を使うことが前提なので、まず脂肪注入の前に脂肪吸引が必要になります。



そのため、体へ負担がかかるというデメリットがあります。どれくらい脂肪を吸引するかによって負担は変わるので、美容外科医とよく相談して無理のない範囲で決めるようにしましょう。

脂肪注入を行う部位として多いのは、ほお、こめかみ、輪郭の凹み、などです。



ここをふっくらさせることで、ハリのある若々しい肌を取り戻すことができます。また、若々しさが取り戻せることで、生き生きとした元気な印象を与えることができます。

脂肪の注入と生着についてですが、注入した脂肪は毛細血管に取り込まれて、その部位の組織の一部となります。


生着しなかった場合には、脂肪は体内に自然に吸収されて、約1ヶ月で安定します。
この場合は効果がなかったという結果に終わります。生着率には個人差がありますし、美容外科がどのように脂肪の処理をするかでも変わってきます。平均では約30〜50%とされていますが、これはあくまで目安の数字だと考えておきましょう。